病院で産み分けすることは可能かどうかについてですが、産み分けについては可能です。では、「自宅で産み分けに挑戦する」と「病院を利用する」ではどちらが産み分けの成功率が高いのでしょうか?

病院を利用する方が安心・安全や産み分けの知識がなくても信用できるなどの意見があるかもしれませんが、結論から言えば「自宅で産み分けに挑戦する」方がオススメです。

自宅で産み分けに挑戦するとなれば以下のポイントを知っておく必要があります。

・産み分けの方法はどうすればいい?
・病院と個人的に産み分けに挑戦するならどっちの方が成功率高いの?
・費用はどっちの方がお得なのか?
・安全なのはどっち?

病院と自宅での産み分けの方法とは?

病院を利用して産み分けをするのと自宅で産み分けをしていくのではどちらの方が最適な環境なのか?

病院の場合は病院側で次はどのようにしたらいいのかという指示をしてもらえます。ですが、自宅で産み分けをする際は、自分で管理する必要があるので少し手間がかかります。料金、排卵日の管理、産み分けゼリーを自分で選んで行く必要があります。

 

ただ、病院を活用してもやることは同じようなことしかしないので、病院を利用するより個人でする方がお得に産み分けに実践することができます。

病院の場合

病院を利用する場合は以下の手順で産み分けに挑戦していきます。病院によってやらない過程もあるかもしれませんので、利用する場合は一度病院で確認をしてみてください。

  • 検査を行う
  • サプリを飲む
  • 排卵日の特定
  • 産み分けゼリーを使う

検査を行う

初期費用~産まれるまでに様々な検査を行います。
詳細については後ほど料金表を作成していますので参考にしてみてください。

サプリを飲む

男の子が欲しい場合はリンカルなどのサプリを提供されるので産まれるまで毎日飲む必要があります。

排卵日の特定

排卵日に合わせて行為を行なうため排卵日の特定をします。

産み分けゼリーを使う

グリーンゼリーとピンクゼリー性別によってどちらか片方を利用していきます。産み分けゼリーは病院で推奨されているゼリーのみ使うことになります。

自宅の場合

自宅で産み分けに挑戦する場合は病院に行くより時間を有効に使えたり、料金が安くでいけます。自分で産み分けに挑戦する場合の手順は以下になります。

  • 排卵日の管理
  • 産み分けゼリーを自分で選ぶ

排卵日を自分で管理

あなた自身で産み分けに挑戦する場合は排卵日を管理する必要があります。今では、スマホのアプリを利用することで簡単に管理することができますので難しく考えなくても大丈夫です。

オススメの排卵日管理アプリは「ルナルナアプリ」「コウノトリ」「ペアリズム」などを利用することで管理しやすいです。

産み分けゼリーを自分で選ぶ

自分で産み分けゼリーを選ぶ必要があるのでどれがいいのか?と悩んでしまうかもしれませんが、当ブログではベイビーサポート1択を推奨しています。

産み分けゼリーは様々な種類の物があり、使い勝手のいい物だったり、逆に衛生面的に悪い物だったりと上げたらキリがなくなりますが、その中でも圧倒的にオススメなのがベイビーサポートなので是非気になった方は確認してみてください。

>>産み分けは可能?ベイビーサポートの口コミと効果を調査してみた

妊娠用潤滑ゼリーと病院の費用はどっちがお得?

自分で潤滑ゼリーを選んで試す方が圧倒的に金銭的にお得に試すことができます。

「病院で産み分けをする場合」と「自分で産み分けをする場合」では、やることは大差がないので、今後の産まれてくる赤ちゃんに余ったお金を費やすことができるので個人的には自分で産み分けをするほうが良いのではと考えています。

 

病因での産み分け指導 夫婦でのベイビーサポート
初診料 約3,000円

6,500円

無し
ホルモン血液検査 約1,000円

5,000円

無し
ホルモン尿検査 約5,000円 無し
頸管粘液検査 約500円 無し
超音波検査 約1,000円 無し
リンカル毎月妊娠するまで(男の子希望の場合) 約3,500円 無し
ピンクorグリーンゼリー 4回分

10,000円

7回分

15,180円

14回分

24,288円

毎月の通院料 約5000円

10,000円

無し
半年間の合計(約) 約10万程度 約25,000円

 

妊活用潤滑ゼリーと病院で妊活どっちの方が産み分けの成功率が高い?

正直どちらを実践しても成功率は変わらないというのが個人的な考えになります。

なぜなら、病院に行ったとしても自分で産み分けをしたとしてもやることは一緒だからです。

しいて言うなら病院に行く場合だと検査を受けることができるので検査を受けたいのであれば病院を活用するのもありだと思います。

ただ、あなた自身実践する内容は変わりがないので個人的には自宅で産み分けに挑戦する方をオススメしています。

自宅と病院どちらの方が妊活に最適か徹底調査まとめ

  • 病院を利用する場合は検査を受けることができる。
  • 料金は自宅で産み分けをする方が安い
  • 病院を利用する場合は割高
  • どちらの産み分けを実践するにしてもやることには大差がない
  • 自宅で産み分けに挑戦するなら簡単にでもいいので知識をつける必要がある

結論から言えば、お金があるなら病院を利用するといいです。

お金がないならある程度の知識をつけて自宅で産み分けに挑戦するってことになります。

あなたのライフスタイルにあった方をお選びいただければと思います。