ベイビーサポートには「ボーイ」と「ガール」の2種類の産み分けゼリーがありますが、「ちゃんと産み分けってできるの?」「どのような仕組みで産み分けしているの?」と気になりますよね?

本当に効果があるのか?とわからずに使ってみようと思う人は少ないですよね。実際にベイビーサポートを使った人の中では大体80%の方が産み分けに成功しています。ベイビーサポートを調べていると産み分けの仕組みについてわかったことがあるので参考にしてみてください。

今回の記事では、「ベイビーサポートの産み分けの仕組みについて」知ることができます。

産み分けの仕方はどのようにしている?

ベイビーサポートを使うことでどのようにして産み分けをするのか?についてですが、結論からいうと女性の膣内の「ph値を調整する」ことで産み分けを調整しています。

「ん?ph値?何それ?」と思われる方がほとんどだと思いますので順をおって説明していきます。

ph値とはいったいなんなのか?

女性の膣内は”アルカリ性”か”酸性”の2種類でわけられています。

  • アルカリ性が強いと男の子産まれやすい
  • 酸性が強いと女の子が産まれやすい

ph値は女性の膣内の環境のことを言い、男の子が欲しい場合アルカリ性に強い精子が受精しやすくなるような仕組みになります。逆に酸性が強い場合は女の子が生まれやすいということになります。

行為が長くなるとアルカリ性の分泌が多くなったり、逆に淡泊な行為だと酸性が多いです。

もう少し詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しています。

>>ベイビーサポートを使って女の子を産むために100%に近づける方法とは?

ベイビーサポートの産み分けの仕方とは?

 

例えば、あなたが男の子が欲しいとした場合

あなたの膣内が酸性の方が強い場合女の子が産まれる確率が高くなるのでベイビーサポートのボーイ用を使うことで膣内をアルカリ性に傾ける必要があるのでベイビーサポートを使うことで男の子が産まれやすくすることができます。

もし、1人目2人目と同じ性別のお子さんが産まれた方は「アルカリ性」か「酸性」どちらかが強いという予想をすることがしやすいので希望する性別のベイビーサポートを使えば反対のアルカリ性or酸性にしてあげることで希望する性別の子が産まれやすくなります。

産み分けについてさら知りたい方は下記の記事でお伝えしています。

>>産み分けは可能?ベイビーサポートの口コミと効果を調査してみた