ベイビーサポートには「ボーイ」と「ガール」の2つの産み分けゼリーがあります。ベイビーサポートを使うことで「100%産み分けができるのかな?」や「100%産み分けしたい」と思われているかもしれませんね。

今回の記事では女の子の産み分けができるガールについてお伝えしていきます。

ベイビーサポートを使って産み分けは失敗しないのか?

ベイビーサポートを使ったからと言って100%望んでいる性別が授かるという物ではありません。

 

あくまでベイビーサポートを使うことでほしい性別の確率を最大限高めることができるというだけであって、100%を保証するものではないので「絶対にこっちの性別じゃないと嫌」ということであれば厳しいようですが使わない方がいいでしょう。(そのような家庭に生まれて望まれない性別の子だった時こどもがかわいそうすぎるので)

 

ベイビーサポートを使うことで何%くらい確率をあげることができるのか?

ベイビーサポートを使わず自然妊娠で女の子を授かる確率はだいたい50%と言われています。

ベイビーサポートを使用すること70~80%まで望んでいる性別の子の子の確率を上げることができます。

排卵日の予想をすることで確率をさらにUP

体質や家系にもよるかもしれませんが世間一般的には男の子の方が産まれやすいと言われており、女の子を産み分けをするのにもっとも大切なのが排卵日の予測をすることです。

「産み分けゼリー&排卵日の予測」をすることでさらに女の子の産み分けの確率を上げることができます。

排卵日の予想する方法は以下の方法があります。

  • 病院で検査をして排卵日の予測してもらう
  • 毎朝基礎体温を測る
  • 排卵検査薬を使う

病院で検査をしてもらえば正確な排卵日を予測してくれます。ただ費用がかかったり、病院に行く手間があるので生理不順でないのなら自宅で以下の2つの方法を使用することで排卵日の予想をすることができます。

毎朝基礎体温を測ることでそろそろ排卵日が近づいてくるかなと予想ができます。それに合わせて排卵検査薬を使うことでより確実な排卵日を予測できます。

セックスは、前戯なしで性器を入れます。(産み分けゼリーを入れるので痛みはマシだと思います)
というのも、女性が興奮した状態だと男の子が生まれやすくなる弱アルカリ性が分泌されます。ベイビーサポートは他社の産み分けゼリーより容量が多く入っていますが、前戯が長くなると母体から出る弱アルカリ性の分泌が多くなるため産み分けゼリーで酸性で中和しても男の子の産まれる可能性が高くなります。

なのでできるだけ軽いセックスをするように心がけるようにしましょう。
上記のことをやってみることで100%により近い確率に近づけることはできますが、それでも数%は別の性別の子が生まれてくる可能性もあるということは頭の隅においてくださいね。

>>産み分けは可能?ベイビーサポートの口コミと効果を調査してみた