気がつけばあなたの子どもは爪を噛んでいませんか?わたしの子どもも寝る前やふっとした瞬間に爪を噛んでいました。

親としては"癖がつく前に爪を噛む"という行為をを辞めさせてあげたいと思いますが、子どもは無意識に爪を噛んでいることがほとんどなので、親は根気よく声かけして辞めさせるように気にしてあげなければならないです。

仮に”癖”が付いてしまうと日常的に噛むので最悪の場合、「皮膚炎」や「爪がボロボロ」などになってしまう可能性があります。

そうならないためにも今回の記事では、爪を噛まないようにする方法や爪を噛まなくするための対策を3つピックアップしてみましたので参考にしてみて下さい!

爪を噛んでしまう原因を知ることが重要!

爪を噛み始めてしまう原因は「寂しい」や「不安」などの親に構ってもらえないため行なう行動の1つではと考えます。自分の体の一部を無意味に傷つけてしまう行動なので、注意をしてあげないと自分では気づくことができません。

 

実際、私の娘の話になりますが、下の子が生まれるまでは爪を噛んだり指をしゃぶるなどの行為はなかったのですが、下の子が生まれて少ししてから寝る前に爪を噛むようになってしまいました。初めは、怒って注意をしてしまっていましたが、構ってほしいサインだと気付き、下の子に手はかかりますが娘と二人の時間を作りしっかりコミュニケーションを取るようにしました。気が付くと爪を噛むことはなくなりました。

 

爪を噛むことが癖になってしまうと理由もなく日常的に爪を噛んでしまうので、辞めさせてあげることが難しくなってしまうので早めに対応してあげてくださいね。

爪を噛み出した初期は様子見

まだ噛み癖がついていない頃であれば、親が声かけて辞めることを促してあげたり、構ってあげることで治すことができる可能性はありますが、「どういった時に爪を噛むのか?」「噛むタイミングはいつ?」なのかを知ることが大切になってきます。

爪をこまめに切る

爪を噛めるということは、爪が伸びているということなので極力短めにしてあげることで噛む行為自体できなくなります。

注意としては、深爪にならないようにこまめに切ってあげることが大切になってきます。

噛めないようにしてみる

声かけしても爪を噛んでしまう場合は絆創膏を指に貼ってみましょう。身近にあると思うのですぐに試すことができます。

絆創膏を貼ることで指や爪を守ることができるので爪を噛むという行為はできなくなります。

 

ただ、デメリットとしては子ども自身で外す可能性があったり、気になって絆創膏に意識がいく場合がありますが、キャラクターの絆創膏を貼ってあげることで噛むことを防げる可能性があります!


 

噛むピタを試してみよう。

噛むピタはオーガニック成分を配合した子どもに優しい苦いマニキュアになります。

「口に入れても大丈夫なの?」「手を洗えばすぐマニキュアが取れるんじゃない?」と思うかもしれませんが、国内で作られているので安全で、また1回塗ってしまえばアルコールシートや除菌シートで拭かない限り取れることがないので手を洗った後再度塗る心配もなく手間がかからないのが特徴になります。

マニキュアは速乾性を採用されており、1分以内に乾くようになっています。

>>かむピタの詳細はこちら<<

>>かむピタの口コミはこちら<<

まとめ

爪の噛み始めは最初の頃であれば声かけをしてあげれば治る可能性はありますが、放置すれば悪化する場合がほとんどになります。

そのため放置せず、声掛けや絆創膏などの対策を取って辞めさせてあげるようにしましょう。

もし、爪を噛むことが原因で皮膚などに異常を感じた時には、お近くの皮膚科に相談を受けるようにしましょう。