赤ちゃんが成長し、高校や大学に進学していくにつれ、多額のお金が必要になってきますよね。

その時に役に立つのが学資保険になりますが、「学資保険ってどういった物なの?」「学資保険のメリットやデメリットは?」といろいろな悩みがあると思いますのでこの記事ではそんな悩みを解決できればと思い書いてみましたので参考にしてみてくださいね^^

学資保険とは?

学資保険とは、子どもの教育資金を目的とした貯蓄型の保険になります。

例えば、高校、大学の入学するときに多額のお金が必要になるので事前に積み立ておくことができます。

早期から積み立てることにより、子どもの将来進みたい道を広げてあげることができるので、子どもを持つ50%近くの家庭の人が学資保険に入っていることが報告されています。

学資保険のメリットとは?

学資保険のメリットは以下になります。

  • 返戻率が高ければ多く返ってくることがある
  • 保証機能がある
  • 強制的にためることができる
返戻率

学資保険は大体が15歳(高校入学)か18歳(大学入学)のタイミングまで積み立てする家庭が多く、満期時(お金をおろすとき)になったときに満期保険金が預けた金額より少し多く返ってきたり、入学や進学の時にお祝い金を受け取れます。

保険会社によって返戻率は違うので比較して検討する必要があります。と言っても「保険会社は無数にあるのでどこがいいのか?」となる可能性が高いと思います。

 

そのため、ランキングで1位~3位のところに安易に入ってしまうと自分の子どもにあった保険会社ではなかったとなってしまうこともあるので、学資保険に入ることを決めているなら「学資保険の専門サイト」や「保険会社にどういったプランがいいのか?」と相談してから自分のこどもにあった保険会社を選ぶといいでしょう。

保証機能

保険を契約している人が亡くなってしまった場合、以降の保険料の支払いが免除されて満期時に満期保険金や祝い金を受け取ることができます。

また、一般的に親などの契約者が死亡もしくは高度障害状態になってしまった場合に、満期保険金や祝い金とは別に満期日まで受け取れる年金(育英年金)が支払われる特約もあります。(保険会社によっては育英年金がついている場合とついていない場合があるので要確認が必要)

強制的に貯めることができる

毎月決められた金額を積み立てることができるので自分で貯金するのが苦手な方にはオススメできます。

 

学資保険のデメリット

  • 途中でお金を引き落とすことができない
  • 途中で解約すると元本割れする
途中でお金を引き落とすことができない&途中で解約すると元本割れする

学資保険は選ぶプランにもよりますがだいたいの方が15年または18年間の積み立てを行なうことが多いと思いますが、積み立てている途中で急な出費で1万円だけおろしたいと思ってもおろすことができません。

また、途中で解約すると元本割れするので無理のないプランを選ぶほうがいいですが、積み立てる金額が少なかったり、小学校入学で満期保険金を受け取ると返礼率の恩恵をほとんど受けれないので、学資保険ではなく普通に貯金でいいのでは?と個人的には思います。

まとめ

学資保険は、長期的な貯蓄型の保険になるので無理のない程度での金額でしていくのが無難になってきます。

また途中で解約したりすると元本割れするリスクもありますので、しっかりと15年または18年間継続して積み立てすることで学資保険を最大限活かすことができます。

そのため、プロに相談することで無理のない金額を教えてれたり、あなたの家庭にあった学資保険を教えてくれますよ!

相談が嫌なら資料請求をしてみたりといろいろと情報を集めてから学資保険を決めるといいですよ^^

>>学資保険の専門サイトはこちら<<